Sweet William × Jinmenusagi

SWJU.jpg

Sweet William (左)
1990年、愛知県生まれのビートメーカー/プロデューサー。ブラックミュージックへの深い造詣と愛を下地に、少年時代より愛聴していたエバーグリーンな日本のポップスをかけあわせた、黒さ・品性・メロディアスなアレンジが高次元で共鳴する楽曲を生み出し続けている。

Jinmenusagi (右)
1991年生まれ、東京都出身のラッパー/ビートメイカー。中学時代にエミネムやエイコンに影響を受け、ヒップホップに傾倒。ネット上に楽曲をアップしながら、ラップ活動を開始。2012年の1stアルバム『SELF GHOST』以降、矢継ぎ早に作品を手掛け、2017年までコラボレーションアルバムを含め8枚の作品をリリース。同年にAIのアルバム『和と洋』とツアーへの参加を果たす。圧倒的なスキルと独自の感性で生み出すそのラップスタイルは熱心なヘッズからコアな音楽ファンに至るまで幅広く称賛を集めている。また、近年はモデルとしても活動しておりマルチな才能を発揮している。

 

DISCOGRAPHY